おれんじdays

そこらへんの女子大生目線。

ブラックアフタヌーンティー byアマン

雨が降ったり止んだりで、あいにくの天気が続いていますが、いかがお過ごしですか? 私は、スイーツが食べたーい!!!という友達に連れられ、初めてアマンのアフタヌーンティーに行きました?。 

 

アマン東京とは、

www.aman.com

アマン東京は大手町にあり、世界中に展開しているアマンリゾートの日本初シティホテルです。伝統と現代を融合させた都会のサンクチュアリと言われ、世界中のトラベラーが一度は訪れたい、憧れのラグジュアリーホテルです。f:id:m23278:20160823235240j:image

天井高8メートルの一面のガラス窓から、外苑の森、その向こうには新宿が見える最高のロケーションです。内装は黒を基調とした和モダンな雰囲気で、琴の生演奏を聴きながら優雅に過ごせます。

 

ブラックアフタヌーンティー

f:id:m23278:20160824213251j:image

アマンのブラックアフタヌーンティーは食器や食材が黒で統一されているのが特徴で、予約三ヶ月待ちと言われるほど人気があり、都内屈指の洗練されたスイーツを楽しめます。
斬新さがありながらも伝統的なアフタヌーンティーのスタイルは崩さないつくりになっていて、ゆっくりと大人な時間を楽しめます。

f:id:m23278:20160824213051j:image

SAVORY

キッシュ、じゃが芋のコンフィ、
本日のサンドウィッチ、えだまめの冷製スープ
f:id:m23278:20160824213104j:image
■PETIT SWEET
チョコレートバッグ、ラズベリーのパートドフリュイ、
フィナンシェ、パイナップルのダックワーズ、
カシスのタルト、マカロナード、
ハイヒール形ボンボンショコラ、シャンパンゼリー
f:id:m23278:20160824213117j:image
■SCONE
プレーン、抹茶のスコーン、クロテッド クリーム、ジャム

■TEA
 ダージリン
 アッサム
 アールグレイ
 カモミール
 煎茶
 ※約30種の紅茶が用意されています。

 コーヒー
 カプチーノ
 エスプレッソ

 

ハイヒール?形のボンボンショコラやバックの形をしたチョコレートなど、可愛くて食べるのがもったいないくらいでした。バックの中にはベリーが入っていて、チョコレートだけで食べたり、ベリーも一緒に食べてみたり楽しめます。紅茶はポットでサーブされ、私はダージリンサマーとゴールデンアッサムを飲みました。ドイツのロンネフェルト社のものらしいですが、普通に美味しいという感じでした。

f:id:m23278:20160824214456j:image

奥に見える帽子もチョコレートなので食べれます!すごく丁寧に作られていて、感動しました。帽子の下の白ワインとメロンのジュレはアルコールとメロンの甘さが絶妙な味わいで、1番美味しかったです!

 パシャパシャ写真を撮るのが恥ずかしくてあまり写真を撮れませんでしたが、どれも美味しくて、とても幸せな時間でした。自分へのご褒美や特別なシーンにはおすすめです。

f:id:m23278:20160824221208j:image

帰る頃には、夕日がとってもキレイでした!遅めに予約して、サンセットを眺めるのも良いかもしれません。

 

ドレスコードはスマートカジュアル?です。特に気を使う必要はありませんが、ショートパンツやデニムは避けるのが無難です。

 

また大手町駅から地下通路で繋がっているアマンですが、入り口がとってもわかりにくいです。初めての方は時間に余裕を持って向かいましょう。

 

予約はお早めに! 

私は平日だったのもあり、すんなり予約できました。しかし、ブラックアフタヌーンティーの人気はまだまだ廃れていません。行ってみたいなと思う方は早めにご予約なさることをおすすめします。これから行かれる方は、いつもより少しおしゃれして、美味しいスイーツとラグジュアリーな気分を堪能して下さい。

 

参考: 一休.com

http://restaurant.ikyu.com/rsSd/main/script/restU.asp?rstId=105756&ptmc=00#planList

 

今回はかなり背伸びしてしまいましたが、こんなところが似合う女性になりたいなぁ〜〜

 

JJ